各種講座・カリキュラム・資格認定

  • 講座・カリキュラム概要
  • 資格認定
  • 認定団体活動

事業内容

近年の少子高齢化・社会保障費の増大に伴い、国民の疾病予防・健康増進に関連する分野であるヘルスケア産業は、重要性を増し、注目される産業となってきており、疾病予防・健康増進などのヘルスケアに関する技能・知識を習得した人材の需要は今後ますます増していくものと思われます。
これに伴い、ヘルスケアに関連する技能・知識を習得するための講座・資格は増加傾向にあります。
当財団では、ヘルスケア産業の発展に寄与する人材の育成を促進及び資格を後援するために、ヘルスケアに関する講座及びその講座に関連する資格を審査委員が審査し、ヘルスケア産業の人材育成に資する適切な講座を認定する事業を行っています。

▲ Page Top

事業

  • ヘルスケア産業推進企業・団体認定

ヘルスケア分野の企業や団体、企業内でのヘルスケア事業部にこれからのヘルスケア産業の発展に寄与すると当財団が認める企業、団体へ財団認定「ヘルスケア産業推進企業」又は、「ヘルスケア産業推進団体」の称号と認定マークの使用を許可する。
当財団とともにヘルスケア産業の推進、発展に尽力し将来の輝かしい産業イノベーションを宣誓するものとして、当財団を賛助することで財団として各企業や団体の事業後援等を行う。

  • ヘルスケア産業推進寄与講座等及び資格の財団認定及び後援

ヘルスケア産業の発展に寄与する人材育成を行っている団体の教育カリキュラムや講座等、当財団の審査にてヘルスケア産業推進寄与講座、資格であると認定された講座やカリキュラムへの後援、資格への財団認定を行う。
当財団の後援及び認定にて、これから必要とされるヘルスケア産業のイノベーションや発展に寄与する講座やカリキュラム、資格であることを財団が証明する。

▲ Page Top

審査対象講座

ヘルスケア産業発展へ寄与する講座及び資格。
民間、公的、国家、企業内等の制限はありません。

▲ Page Top

審査方法

1,事前に3ヶ月以上、賛助会員であることが前提とする。
2,講座運営及び資格付与団体等の代表が当財団の指定する申請書等で申請。
3,審査書等の書類審査を経て、代表もしくは代表代理委任をした責任者との、面談審査にて最終決定を行う。
※審査料及び講座後援認定料(年間)の支払い、資格発行の際、1名につき認定料を支払う等財団既定契約書を交わす。

▲ Page Top

審査のお申込み

財団事務局へ電話でのお問合せにて審査依頼。

▲ Page Top

認定講座・資格一覧

講座及び認定法人
日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会

認定講座及び認定資格
・メンタルケア心理士® 講座/メンタルケア心理
・メンタルケア心理専門士® 講座/メンタルケア心理専門士® 、準メンタルケア心理専門士
・メンタルケアカウンセラー講座/メンタルケアカウンセラー®
・ペットロス・ハートケアカウンセラー講座/ペットロス・ハートケアカウンセラー®
・アニマル・ペットロス療法士講座/アニマル・ペットロス療士®

ヘルスケア産業推進財団開発認定講座及び資格

当財団は、当財団認定としての講座及び資格認定を行う。
★健食マイスター™ / 健食指導士™1級講座
★健食指導士™2級講座

財団特別委員会

当財団内に財団名義にて各種団体、協会、調査会、協議会、委員会を設ける。

▲ Page Top

開催講座について

当財団がヘルスケア産業に資する人材育成講座であると、当財団審査委員会にて審査し当財団後援にふさわしい講座(資格含む)を認定しています。
開催は各認定された講座(資格含む)の運営団体にて開催していただきます。

講座・資格認定団体申請の流れ

Step1.

当財団の後援名義を希望する団体(責任者)が、 ヘルスケア産業に資する人材育成講座・資格であると証明できるエビデンス等を含め、 申請書面を準備、 その他、 当財団よりの審 査書類の提出、 審査料(50 000 円)を当財団へ納付し、 一次審査(書類)を行う。

Step2.

一次審査合格団体へは審査通過を署名で通知し、 当財団が指定する日時に団体代表者また は代表者に委任された者、 その他に講座制作担当者の面接を行し、ます。

Step3.

面接審査である二次審査に合格した団体の講座(資格)は、 当財団が規定する後援申請の各種契約書にて契約を行い、 正会員年会費(180 000 円)を納付し後援講座(資格)認定証を付与します。

認定団体活動

image
メンタルケア学術学会
社会貢献できるメンタルケアのスペシャリストに 当学会は、 内閣府の特別機関 日本学術会議協力学術研究団体としてこれからのメンタルケアに関わる実務能力向上を目的とし、国の内外への研究や事例を発信しています。 また、 これから社会貢献できるメンタルケア実践者として認定試験を実施しています。 スペシャリストを業界へ輩出し、 メンタルケア業界従事者の地位向上を図り、 業界全体を活性化させてゆくため、”資格授与によるスキルアップ”を行っています。